遠ざかる韓国

田中 明 =著者

 

四六判並製/248P/本体1500円/2010.1.10/347-8/C0095

 

少年時代を韓国ソウルで過ごし、韓国の半世紀を見続けてきた著者の愛惜のエッセイ集。

後にのこす日本と韓国を憂う。

 

<目次>

------------------------------------------

第Ⅰ章 2004年(平成16年)

------------------------------------------

若者政治

他者のせい

小泉訪朝

浅ましい作風

八月逝く

妓生のフェア精神

さまざまなニュース

------------------------------------------

第Ⅱ章 2005年(平成17年)

------------------------------------------

自家消費用の理屈

ハイドパーク現象

守護者がいない

歴史は利用物か

「負い目」再考

頽れ「反日」

八月一五日に思う

頼りない風景

過去の克服とは

------------------------------------------

第Ⅲ章 2006年(平成18年)

------------------------------------------

浪費民族主義

木の癖を知る

外の目が見るもの

闘士と権力

やがて悲しき

海ゆかば

静心なき七月

天皇と政治家

整風なき民族主義

精神の強弱

------------------------------------------

第Ⅳ章 2007年(平成19年)

------------------------------------------

崔圭夏元大統領

覚悟すべき年

孤立を恐れるな

やりきれない

経験と感覚

高位者加重処罰法はいかが

今までが孤立

一路邁進

威張るな民主主義

田中 明(たなか あきら)

一九二六年愛知県生まれ。朝鮮で小中学校生活を送る。海軍経理学校在校中終戦。戦後は旧制八高、東京大学文学部卒業。朝日新聞記者、拓殖大学海外事情研究所教授を経て、現在同所客員教授。

著書に『ソウル実感録』(三修社)、『韓国政治を透視する』(亜紀書房)、『物語韓国人』(文春新書)、『韓国の民族意識と伝統』(岩波現代文庫)、『韓国はなぜ北朝鮮に弱いのか』(晩聲社)、訳書に崔仁勲『広場』(泰流社)、申在孝『パンソリ』(共訳、平凡社東洋文庫)などがある。

 

最新News

2018年 7月 「新版 いのちの応援団」発売開始!
2018年 5月

「韓国初女性大統領朴槿惠はなぜ弾劾されたのか」発売開始!

2017年 6月 「うんちのクソヂカラ 腸内フローラ移植のミラクルわざ」発売開始!
2015年11月 「いのちの応援団」の著者 山本文子さんがNHKに出演されます
2014年 1月
「リハビリ専門医が教える健康な人も病気の人も幸せと元気をよぶ「らくらく運動」」 発売開始!