もしもあなたががんになったら

大岩 孝司 =著者

 

四六判並製/191P/本体1400円/2011.11.21/351-5/C0077

 

この十年間、末期がん患者の在宅緩和ケアに携わった医師が語る、がん終末期をいかに住み慣れた家で安心して自分らしく過ごすか。

 

<目次> 

第1章 住み慣れた家で暮らす

 

第2章 それぞれの物語

 

第3章 せん妄ということ

 

第4章 治療の初期段階からのせん妄

 

第5章 病院というところ

 

第6章 がん治療の受け方

 

第7章 認知症だからこそ住み慣れた家

 

第8章 意識はなくなるのか

 

第9章 息苦しいのも大丈夫

 

第10章“七転八倒の痛み”の意味

 

大岩 孝司(おおいわ たかし)

医師

1947年生まれ、東京都出身。

1972年千葉大学医学部卒業後、千葉大学医学部肺癌研究施設外科部門、その後国立佐倉病院(佐倉市)、結核予防会複十字病院(清瀬市)、鎗田病院(市原市)、松戸市立福祉医療センター東松戸病院で呼吸器外科医としておもに肺癌診療及び臨床研究に従事。

2001年に千葉市で在宅緩和ケア専門の診療所、「さくさべ坂通り診療所」開設、がん終末期の患者さんの自宅での療養を応援している。

著書「がんの最後は痛くない」文藝春秋社

 


最新News

2018年 7月 「新版 いのちの応援団」発売開始!
2018年 5月

「韓国初女性大統領朴槿惠はなぜ弾劾されたのか」発売開始!

2017年 6月 「うんちのクソヂカラ 腸内フローラ移植のミラクルわざ」発売開始!
2015年11月 「いのちの応援団」の著者 山本文子さんがNHKに出演されます
2014年 1月
「リハビリ専門医が教える健康な人も病気の人も幸せと元気をよぶ「らくらく運動」」 発売開始!