※データ部分は下記のような構成です。
(シリーズ巻名など/)判型/ページ数/本体価格(税抜価格)/発行年月/ISBNコード(下4桁)+分類コード

霧晴るる日まで―ある在日朝鮮人との出会いと友情の軌跡

岩田たまき/著

 

 

「在日」として、日本人として、それぞれの意味を問い交わした交換ノート。40年におよぶ友情の軌跡を描いたドキュメンタリー。

四六判並/208P/本体1500円/2001.10/303-3 C0036

 


プロローグ・28年ぶりの手紙

第一章・霧

  • 「朝鮮人」と道夫
  • 母の家出
  • 勤労奉仕
  • 学徒動員
  • 軍服姿の朝鮮人青年
  • 敵機襲来
  • 敗戦
  • ふたたび学校へ
  • 食糧不足
  • 母の死
  • 母のメッセージ

第二章・出会い

  • 自立を求めて
  • ひそかな楽しみ
  • 自立
  • 元守との出会い
  • 「朝鮮を知ってください」

第三章・交換ノート

  • 夜道の語らい
  • 交換ノート
  • 岐阜への移転
  • 新しい職場
  • 身に沁みる元守の優しさ
  • 「すばらしい友垣でした」
  • 別れ

第四章・岐阜からのノート

  • みんな泣き顔
  • 元守の母の変調
  • 服毒
  • 再会
  • 友を得て
  • 愛のかたち
  • 決断

第五章・結婚――長野へ

  • 結婚生活
  • 帰国を考える元守
  • 茂との別れ
  • 継母と朝鮮

第六章・再会

  • 逡巡
  • 岐阜の家
  • 夏仲間
  • 在日朝鮮人作家を読む会
  • 父と娘
  • ふだん着のつきあい
  • 飯田の家
  • 「国籍は天にあるのだから」

第七章・韓国への旅

  • 元守の祖国へ
  • 韓国文学学校との交流会
  • 市内見物
  • 元守の興奮
  • 光州訪問

あとがき

 
  岩田たまき(いわた・たまき)
1929年、島根県に生まれる。
1964年、島根県立津和野高等女学校卒業。洋裁士。現在、千葉県在住。長野県詩人、「吠」の会(詩とエッセイ)会員。著書に、津田真理子のペンネームで『ふたりの桜貝』がある。『季刊ふるさと紀行』にて執筆中。

最新News

2019年12月 「降臨 美空ひばり ~昭和を奏でた天才歌姫~」発売開始!
2019年11月 「弾劾クライシス」発売開始!
2018年 7月 「新版 いのちの応援団」発売開始!
2018年 5月

「韓国初女性大統領朴槿惠はなぜ弾劾されたのか」発売開始!

2017年 6月 「うんちのクソヂカラ 腸内フローラ移植のミラクルわざ」発売開始!